ブリヂストンタイヤ名古屋販売(株)が進める“独自サービス”とは

◆ブリヂストンタイヤ名古屋販売(株)が進める“独自サービス”とは・・・

 多くの方がご存じの通り、ブリヂストン製タイヤは国内NO.1のシェアを誇るトップブランドです。しかしながらブリヂストンタイヤは、タイヤ専門店であったり、カーディーラー、自動車修理工場、ガソリンスタンドなどで取り扱いがされているのはご存知かと思います。

 では、今このデフレで物が溢れている時代にどこでも実施しているサービスと同じようなことをしていたのでは今の時代を勝ち抜けません。

 

13660078052170.jpg

 それではブリヂストンの社是である”最高の品質で社会に貢献”を実践する為にはどうすれば良いのでしょうか。

 

 それは徹底した非価格戦略の推進より方法は有りません。最高の品質の商品を持っていると言う事はそれだけで非価格戦略だと思います。安い方がいい、というのは一面の事実にして、「安ければいいというものでもない」という事実も存在します。

 一言で言えば、「あの商品・サービスでないとダメだ」とお客様が思ってくれれば、その商品が売れます。少々難しく言えば、「代替性が無い」ということですが、要するに「アレじゃないとダメだ」と思って頂く事だと思います。

 ・「エスプレッソはスターバックスじゃないとダメだ」

 ・「ハンバーガーはモスだ」

 ・「タイヤはやっぱりブリヂストンだ!」

 ・「時計はロレックスだ」

などなど、色々あります。上であげた例は、全てコスト優位で戦っている例ではありません。むしろ逆です。価格優位性ではむしろ劣る会社ばかりです。しかし、上記の用に考えるお客様がいることに異論の余地は無いと思われます。

 これらの商品・サービスを好んで使うお客様は、「この商品・サービスじゃないとダメだ」と思っている、という事で。これを逆に言うと、「他社では提供できない」ということだと思います。これが差別化だと言う事になります。他社では提供できなければ、価格は最低価格では無いかもしれないが、それが欲しければ、他に提供されていないので、そこから買うしかない。他に選択肢は有りません。差別化、というのは、つまりは、競合製品・サービスがより優れているから買う、ということになります。

 商品についてはタイヤにおいてブリヂストンは世界一の商品だと言う自負があります。そして問題はサービスです。

 当社はこの2013年4月より新体制でこれまでのサービスを見直し本当に販売店の皆様に必要なサービスを提供する事を強化して参ります。その為の増員も致しました。

 ・タイヤサービス拠点強化+アライメント推進

 ・イベントのお手伝い

 ・エコピアバリューパック推進による生産財販売での採算良化

 ・独自営業ツールによる目に見える提案営業の促進

 ・タイヤ事業だけでなく用品そしてコストダウン提案等

 ・WEB活用によるコミュニケーション強化

 

上記の内容で皆様のご商売を全力サポートしていきたいと思っております。その為の担当セールス変更等皆様にはご迷惑をお掛けする事もあるとは存じますが何卒ご理解賜ります様宜しくお願い申し上げます。

 
常務取締役 加藤 一夫
▲このページのトップに戻る