かわら版(2016/02)

なごや販売かわら版バナー1602.jpg

常務からのお知らせ

「疲れにくいタイヤ」の秘密

プレイズブランドで渾身の新商品を投入

 

ブリヂストンが消えていたブランドを7年ぶりに復活します。
2009年から新製品の投入が途絶えていた「Playz(プレイズ)」。
ブリヂストン関係者も「販売をやめたのはいつだったっけ・・・」と話すほどです。

1602_常務01.jpg

2月1日に「プレイズ」ブランドで投入される新商品のコンセプトは「疲れにくい」タイヤ。
運転中に無意識に溜まっていく疲れを低減することで、安全性能の向上につながと言う内容です。

これまでブリヂストンは、タイヤの安全性能を向上させるために、直進安定性、ドライ性能、ウェット性能、低燃費、ライフ(寿命)、静粛性、乗り心地といった7項目を追求してきました。
数年前、タイヤラベリング制度が導入され燃費性能、ウェット性能だけが特化されました。
結果、他の5つの性能が犠牲にされた廉価タイヤが市場に出回りました。

2016年のカタログからブリヂストンのカタログには全ての乗用車用タイヤには7つの性能を表すグラフが大きく表記されています。
この事によりお客様のニーズに応じたタイヤが一目了然となりました。
そこでブリヂストンは7つの性能+5感で感じるタイヤを上記のコンセプトのもと発売致します。
いわゆる、”違いが分かるタイヤ”です。
実際に運転するのはドライバーである「人」です。
そこで、人が運転中に感じる身体的負担や心理的負担に注目し、負担を軽減することで安全性の向上を狙ったのが、新しいプレイズシリーズです。

ブリヂストンでは、この新商品を「疲れにくいタイヤ」にするために、ドライバーのあらゆる負担軽減を図っています。
まずは直進時には、左右へのふらつきを修正するハンドル操作がストレスにならないように、このブレを少なくしました。

カーブの際にも、ハンドリングのふらつきを抑え、少ない操作で済むように仕上げました。
車線変更時のストレスなども抑えています。
そして、花王と共同開発した特殊な素材(ポリマー技術)を利用するなどで、低燃費と寿命を両立させることにも成功しました。

今回発売するのは、セダン・クーペ向け、ミニバン向け、軽自動車などコンパクトカー向けの3種類。
それぞれに合ったカスタマイズがなされています。

たとえばミニバン向けの場合、大勢の人が乗るために車重が重くなり、コーナリング時のふらつきが大きくなります。
また、重さによってタイヤが傾きがちで、特に内側が多く使われる傾向があります。
そこで、タイヤの内側部分の剛性を極端に上げた。
「ティアドロップスロット」と呼ばれる小さな穴をいくつもあけることで、乗り心地も維持しています。

一方、町乗りが多い軽自動車などのコンパクトカーの場合、小回り、据え切り(停止した状態でハンドルを切る)が多く、偏摩耗(均等に摩耗しないこと)しやすい特徴があり、こうした点に着目し、タイヤの内側と外側の剛性を高めた。
従来品と同等の寿命を維持しつつ、耐偏摩耗性を3割以上向させました。

そして、最も大きなセールスが期待されるのはこのコンパクト向け。
新車販売において軽自動車の割合が4割を超える日本市場の現状を考えれば、ここに期待することになります。

ブリヂストンはこうした開発の効果を検証するため、脳波研究を行う慶応大学理工学部の満倉靖恵准教授に依頼し、20代から50代のドライバーによる実験を行いました。
すると、すべての被験者で従来品よりストレス値が下がる傾向が見られ「疲れにくいタイヤである」との結果を得ることができました。


また、軽自動車の領域でスペシャルプレミアムとも言えるタイヤが発売されます。
ブリヂストンでは最高のブランド、レグノです。
REGNO GR-Leggera(レッジェーラ)です。

1602_常務02.jpg

最近は軽自動車とは言え中には200万円を超えるカスタムバージョンの車両も出てきました。
又、静粛性も一昔前の軽自動車とは比べ物にならないほど静かになっています。
又走行性能も省燃費型ターボ搭載車も続々と登場しそれに見合った、今までは軽だから安いタイヤで良いという概念が変わろうとしています。

実際にこのタイヤはベーシックブランドの約倍ほどの販売価格になると予想されます。
そして体感は車格が一段上がった感じがします。

試乗会等も開催致しますので是非体感して頂ければと思います。

 

グループ会社よりお知らせ

助っ人君ヘッダー1.jpg

助っ人くんのホームページがリニューアルオープンします!

1602_中部産業.jpg

今までホームページまたはカタログをご覧いただいて、不明な点の質問が多く寄せられていました。

そこで本年は、個人ユーザーでも「わかりやすい助っ人くん」を目指しホームページをリニューアル(3月完成予定)します。
ご期待下さい!

主な改善内容は下記の通りで、切磋琢磨して良いホームページにします。

・トップページで伝えたいことを簡潔にまとめます。
・あえて福祉車両と比較することでメリットをわかりやすく伝えます。
・コンセプトを通じて、お客様への想いを伝えます。
・助っ人くんの魅力を5つにまとめて紹介します。
・製品スペックを写真付きでシンプルに紹介します。
・担当スタッフのブログページで、さらに理解を深めていただきます。

当然、スマホに対応します。外出先でも助っ人くんの内容がスマホ画面でもわかりやすく表現されます。
お店の方であれば、タブレットやスマホがあれば、お客様に簡単に説明できます。

また本年の目玉としては、助っ人くん車輌のレンタル開始を予定しています。
助っ人くんが、より身近な存在になります。

 

「あなたの車を福祉車両にします」http://www.cskpro.jp/

助っ人君画像.jpg

助っ人君フッタ1.jpg

▲このページのトップに戻る