かわら版(2016/04)

なごや販売かわら版バナー1604.jpg

お知らせ

3月開催の試乗会報告 

 

3月10日と3月23日に今年発売のタイヤを含めた試乗会を開催致しました。

CMでもおなじみ「ちゃんと買い」が分かるように、スタンダートのNEXTRY、新車装着タイヤ、

新車装着タイヤと同等のEX20シリーズ、

今年発売のプレイズPXと軽専用のREGNOレジェーラを使用して使用しました。


2016試乗会集計(累計用).jpg

上記の画像は頂いたアンケートのデータをまとめたものです。

試乗されたお客様にもタイヤの違いを分かって頂けたようです。

 

また、3月10日に開催した試乗会では、メ~テレの番組が取材にいらしていました。

放送はタイヤの日、4月8日(金)の25時45分(4月9日深夜1時45分)です。

弊社内藤次長が出ますので、ご興味がございましたら番組をご覧いただき、

内藤次長に感想をお伝え下さい。

(申し訳ございませんが、感想を伝えても特別なサービスはございません)

 

グループ会社よりお知らせ

助っ人君ヘッダー1.jpg

父親の介護1年経過して思うこと。

1604中部産業.jpg

私の父親は、昨年4月病気を患い、2、3ヶ月歩行が難しくなり、介護保険でも「要介護2」を認定されていました。

今では、歩行もできるようになり「要支援」となりました。
しかし一部医療行為が必要のため、自分の家では介護できず、有料老人ホームでの介護となっています。


「要介護3以上」であれば、特別養護老人ホームに入れるので、料金が有料老人ホームより安いメリットがあります。

しかし利用者の状態が「要介護3以上」となれば、利用者だけでなく回りの家族も大変です。

幸いにも、私の父親は、基本的には洗濯物の面倒を見るだけで終わっています。
家族も本人の病状も安定しており健康に近い状態ですので精神的に楽です。
ただ経済的な問題(有料老人ホーム利用料 約17万+サービス料金)はあります。
結構、大きい負担です。
年金+αで補っていますが、今後年金額が減少する我々世代が介護が必要な年齢の頃には、ますます大きな負担になることを実感しています。


老後、どれだけ必要かの論議で「1億必要」と主張される方、逆に「3000万で十分」と主張される方、様々です。
国の借金、福祉制度の度重なる変更を考えると不安を感じる人も多いと思います。


心配していても仕方ありません。
自分が思っている程度は準備はして、今は健康に明るく生活すべきと思っています。


私は、仕事で介護事業の一部を担っています。
車輌に「車いすリフト」を後付けするサービスをしています。

この3月末にホームページをリニューアルしました。

利用者様が車いすを使用するようになったけれども、別に以前と生活は変わらないことをコンセプトにして、家族といっしょに買い物、両行などに出掛けることを目指したのは弊社の「助っ人くん」です。


今回のリニューアルは、ビジュアルでやさしく、一目で「助っ人くん」をわかるようにしました。
是非、ご覧下さい。


http://www.cskpro.jp/

 

「あなたの車を福祉車両にします」http://www.cskpro.jp/

助っ人君画像.jpg

助っ人君フッタ1.jpg

▲このページのトップに戻る